cronの実行ログのファイル位置を変える方法

cronの実行ログはrsyslogによってログファイルに残されます。
ところでAWSのEC2のAmazon Linux2のインスタンスの場合、cronの実行ログファイルの位置は/var/logになっているので、色々とややこしいです。
今回はこれを/var/log/cronになるようにするポストです。

方法

rsyslog.conf編集画面に入る

下記のコマンド実行します。

sudo nano /etc/rsyslog.conf

rsyslog.confを編集する

下記のように書かれているところを探します。

# Log cron stuff
cron.*                                                  /var/log

見つけたら下記のように変えてファイルを保存します。

# Log cron stuff
cron.*                                                  /var/log/cron

rsyslogを再起動

下記のコマンドでrsyslogを再起動します。

sudo service rsyslog restart