Linuxのmkdirで再帰的に複数のSubDirectoryを強制生成するOption

「foo/bar/baz」と複数のSubDirectoryを再帰的に一気に作りたい時ありますよね。
普通にmkdir foo/bar/bazしたらfooやbarのDirectoryがない時はエラーになります。
だからと言って、mkdir foo, mkdir foo/bar, mkdir foo/bar/bazと書くのも面倒臭いし。
というわけで、今回は複数のSubDirectoryを再帰的に一気に作れるように、Linuxのmkdirで再帰的に複数のサブディレクトリを強制生成するオプションに付いてSnippetを書きます。

Snippet

mkdir -p foo/bar/baz

ちょっと説明

mkdir -p オプションをつけることで、それに書かれているPathに対するDirectoryが全部生成されます。
もし存在するDirectoryであっても、エラーを出さずにSubDirectoryを作ってくれます。
それを利用して、Directoryが存在しない場合のみ、Directoryを作ることにも使えます。