Linuxのmkdirでdirectoryが存在しない時のみmkdir実行する方法

LocalのマシンでNPMのScriptを実行した時にはうまく動作するのに、CIツールに入れたら動作しなくなることしばしばありますよね。
何かしら環境がLocalとCIでは違っているからだけど、その中の一つがDirectoryの存在可否。
Directoryが存在する場合、mkdirでDirectoryを作ると普通エラーが表示されます。
今回はDirectoryが存在する場合はエラーが出ないように、Linuxのmkdirでdirectoryが存在しない時のみmkdir実行する方法に付いてSnippetを書きます。

Snippet

mkdir -p foo/bar/baz

ちょっと説明

mkdir -p オプションをつけることで、もし存在するDirectoryをまた作ろうした場合はエラーが出なくなります。
そして、これは再帰的にDirectory生成にも使えます。