GCPとWordPressを使って独自ドメインブログを無料で運営してみよう!「5.ブログのドメイン登録(お名前.com)」

2017-09-09

前回ポストでブログが表示されるようになりましたが、URLが「xxx.xxxx.xxx.xxx」と数字だらけで覚えきれないと思います。
今回はそれを好きな文字(ドメイン)に変えられるようにドメインを取得します。
ちなみにサーバーや認証書など全部無料のを書いていますが、ここばかりは有料のものを説明しています。
無料のものもありますが、無料は無料なりのワケがあります。
そのワケについてはずっと下に書いてありますので、一度お読みください。

※ 下記はこの連載を書いた時(2017年9月)のものです。2018-06-01に確認したらお名前.comの画面表示が少々変わったようですが、流れは一緒です。

とりあえずやってみよう

お名前.comにアクセス

お名前.comをクリックしましょう。

空いているドメイン検索

好きな文字を入れて検索します。
改行区切りで複数を同時に検索することも可能です。
ここでは例として「yongjinkim」と「kimyongjin」を入れて検索してみます。

空いているドメイン選択

検索結果が表示されたら好きなものにチェックを入れましょう。
ここでは今後の説明のためにこのポストを書く時点で一番安い「.work」にしました。
「.com」や「.jp」など好みのものがあればそれを選んで下さい。

注意
「.work」はこの画面では1円とか書かれているけど、これは1年目だけの料金であって、2年目からは「980円」位のものになります。
練習用としては良いけど、長期的な運用を考えるなら他のものも考慮した方が良いと俺は思います。
また、ほかの安い感じのドメインも2年目からは「.com」より高くなるものが多いので注意が必要です。
詳細はこちらのドメインの料金と種類をご覧ください。


もし、空いていなかったら他の文字を入れて再度検索してみましょう。

選択を終わったら「料金確認へ進む」をクリックします。

お申込み内容確認

内容を確認して「Whois情報公開代行(新規登録と同時なら無料)」にもチェックを入れましょう。
元々は個人情報を入力しなければならないところを「お名前.com」が代行してくれると言うものです。

お申し込み内容のしたに「2.サーバー選択」とかが表示されますが、華麗にスルーしましょう。
「お名前.com」が初めての方は自分自身のメールアドレスと、これからこのサイトで利用するパスワードを入力して「次へ」を押します。
既にアカウントがある方はIDとパスワードを入力して「次へ」を押します。

会員情報の入力

フォームに会員情報を入力しましょう。
画面の上に表示される「お名前ID:xxxxxxxxxが発行されました。」でxxxxxxxxxの数字がこれから「お名前.com」で利用するIDになりますので、控えて置くと良いです。

入力が終わったら「次へ進む」を押します。

お支払い情報入力

お支払い情報入力を入力します。

終わりましたら「申込む」を押します。

こんな広告が出たら華麗に「申込まない」を押してあげましょう。

登録完了

このような画面が表示されたら登録完了です。

お疲れ様でした。
。。。と言うところですが、ここで終わりではありません。
「お名前.com」のメールマガジンは物凄い数が送られてくる(正直に言ってうざい)ので、出来れば力の限り必ず配信を止めた方が精神健康に良いと俺は思います。
ですので、メールマガジン配信を止めるところまで書きます。
「こちら」と言うところを押します。

メールマガジン停止

ログインします。

「お名前.com会員情報」タブを押します。

「会員情報の確認/編集」を押します。

「ドメインニュース配信」を「配信しない」に変えて「確認画面へ進む」を押します。

「設定する」を押します。

これで終わりです。
お疲れ様でした。

FAQ

ドメインって何?

例えば、「https://news.yahoo.co.jp/pickup/6252984」で言うと、「yahoo.co.jp」です。
「news.yahoo.co.jp」はサブドメインです。
メールアドレスの「hogehoge@yahoo.co.jp」でも「yahoo.co.jp」のところをドメインと言います。
ちなみに、「hogehoge」のところはIDと言います。
役割は人間に分かりやすくすることです。
どういうことかと言うと元々サーバーに接続する時に使うのはIPと言うものを使います。
前のポストでブログが正常に動作するかどうか確認する時に「http://xxx.xxx.xxx.xxx/」と数字になっているものを押してブログを見たことがありますよね。
その数字のところがIPですが、このままでは人はなかなか覚えられません。
そのIPに人間が分かりやすく文字を割り当てたのがドメインと言うわけです。

なんで有料のドメインを使うの?無料だってあるでしょう?

前のポストで独自ドメインのメリットとして資産にできると書いていますが、無料のドメインだと資産にはできません。
何故かと言うと無料ドメインサービスで貰えるドメインは利用権を得ているだけであって、所有権を取得しているわけではないからです。
つまり、あなたが3年ぐらいブログを継続してある程度有名になり、ドメインオーソリティ(domain authority)の高いものになったとしても、それはあなたのものではありません。
無料ドメインサービス会社がもし潰れたりすると無くなる可能性があります。
何かしらの理由でドメインを取り上げられたとしても文句言えなくなります。
今回の連載では独自ドメインのメールアドレス作成も内容に含まれています。
例えば、あなたが「suzuki.com」を取得したとしたら、あなたのメールアドレスとして「me@suzuki.com」や「ichiro@suzuki.com」などが使えるようにするポストです。
もし、このメールアドレスを使って知り合いと連絡を取り合っていたのに何かしらの理由でドメインが使えなくなったらこのアドレスも使えなくなり困った状態になってしまいます。
無料のドメインサービスで所定の広告をページ上に載せたら無料にしてくれるのもありましたが、折角の広告載せられるスペースがよその広告に埋められてしまいます。
反面、きちんとドメインを所有していると上に書いたことはなくなるし、ドメインを売ることだって可能になります。
ですので、俺は有料のドメインを取得して使うことをお勧めします。
TLDにもよりますが、そんなに高いものでもありません。
それでも無料のドメインで構わない方はこちらのサイトから無料のドメインが取得出来ます。
http://www.freenom.com/ja/index.html

onamae.com以外のドメイン登録出来るところお勧めしてよ

https://domains.google/#/
ここが良いと思っています。
「com」ドメイン基準で言うとonamae.comよりは若干高いですが、追加出来る有料サービスがとても充実しています。
安定性も抜群だと思います。

「.edu」(教育)とか「.cat」(猫)などのキーワードのドメインにしたらSEO面で良いことあるの?

Googleを基準に言うとありません。
これはGoogleのジョン・ミューラーと言う人が完全に「TLDのSEO効果について、私達が説明すべきものは存在しない。」と明言したものです。
興味がある方はこちらをご覧ください。

つまり、TLDの選びは完全に好みです。
俺は「.com」が印象が良いからこのブログは「.com」にしました。

  • この連載を読んで独自ドメインのWordPressブログを立ち上げた方々へお願い。

    簡単な紹介で良いので、このポストを見てブログを立ち上げたことを自分自身のブログに書いてください。俺のためにも、あなたのためにも、そしてあなたのブログを見た人のためにもなりますのでみんなHappyになります。是非お願いします!

    そしてもし必要であれば、あなたのブログの紹介をコメントに書いて頂ければ、それを利用してリンクをこのブログに貼って差し上げます。いくらかSEO対策になると思います。 コメントへのリンクはこちら

関連連載リスト