GCPとWordPressを使って独自ドメインブログを無料で運営してみよう!「6.ブログのドメイン設定(お名前.com)」

2017-09-10

前回ポストでドメインを手に入れられたと思いますので、今回はそのドメインに前々回の連載(GCPとWordPressを使って独自ドメインブログを無料で運営してみよう!「4.WordPress導入(Google Cloud Launcher)」)で作ったブログを繋いでみましょう。


ここで必要なものは前々回のポストで、設置したブログが正常に動作するか確認する時に利用した「Site address」に書かれている数字(IP address、以下IP)です。
もし、IPが分からなかったら、GCPにログインして「Compute Engine」を押すと、外部IPと表示されるので、それを使います。

とりあえずやってみよう

お名前.comにログイン画面へアクセス

ここをクリックしてお名前.comにアクセスしましょう。
そうすると右上に下記のようなボタンがあるので、それをクリックします。

お名前.comにログイン

下のような画面が出るのでログインしましょう。

「DNS関連機能の設定」クリック

ネームサーバーの設定画面に移動します。

設定を行うドメインを選択

画面の中央に表示される「内部ドメイン一覧」からドメインを選択して、「次へ進む」を押します。

DNSレコード設定に進む

画面の下方に表示される「DNSレコード設定を利用する」の右にある「設定する」を押します。

Aレコード設定

下記のように設定して、「追加」ボタンを押します。
* ホスト名: www
* TYPE: A
* TTL: 600
* VALUE: ブログのIP
* 状態: 有効

そしてもう一つ設定して、「追加」ボタンを押します。
* ホスト名: 何も入力しない。空白のまま。
* TYPE: A
* TTL: 600
* VALUE: ブログのIP
* 状態: 有効

終わりましたら、画面の下方にある「確認画面へ進む」を押します。

設定確認

「設定する」ボタンを押します。

完了

これで完了です。

早速、あなたのドメインをアドレスバーに入力してアクセスしてみましょう!

。。。アクセス出来ないですよね。
アクセス出来ない理由はあなたが騙されたからではありません。
世界中のサーバーたちにあなたのドメインが新しいのでまだ記憶されていないから、「そんなの存在しません」となっているだけです。
つまり、時間が経てば上々に伝播されて記憶してくれるようになります。
これはTTLとも関連あるものです。
もし、アクセス出来たなら今凄く運が良いのです。
宝くじも買ってみましょう(当たるか責任は取りませんがw)。

ちなみにここの設定画面はまた別のポストで会うことになります。
それまでしばらくこの画面とはお別れしましょう。
お疲れ様でした。

FAQ

Aレコードってなに?

上でやってみた通り、IPとドメインを繋ぐ際にドメインサーバーに登録して置くIPの記録です。
DNS設定ではAレコード以外にcname(あだ名指定)とか色んな事が設定出来ます。

何でAレコードを二つ登録した?

上の「yongjin.work」の例で言うと、「yongjin.work」と「www.yongjin.work」の両方からブログにアクセス出来るようにするためです。
「SEO的にダメじゃん」と思っているそこのあなた!
もうしばらくこの連載に付きあって下さい。
そうするとなぜ二つ登録したかその訳が分かります。

TTLってなに?

Time to liveの略字です。
訳すると寿命ですね。
何の寿命かと言うと、あなたのドメインの寿命です。
「なんで寿命を600と短くしたんだよ!」と思うかも知れませんが、寿命が尽きたからってお亡くなりになるわけではありません。
他のサーバー等に記憶されたあなたのドメインが600秒毎に更新されるようになるおまじないです。
おまじないと言ったのはそうならないサーバーもあるかも知れないからです。

  • この連載を読んで独自ドメインのWordPressブログを立ち上げた方々へお願い。

    簡単な紹介で良いので、このポストを見てブログを立ち上げたことを自分自身のブログに書いてください。俺のためにも、あなたのためにも、そしてあなたのブログを見た人のためにもなりますのでみんなHappyになります。是非お願いします!

    そしてもし必要であれば、あなたのブログの紹介をコメントに書いて頂ければ、それを利用してリンクをこのブログに貼って差し上げます。いくらかSEO対策になると思います。 コメントへのリンクはこちら

関連連載リスト